構造・性能のコト

基礎

ベタ基礎

『ベタ基礎』とは、底盤一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。家の荷重を底盤全体で受け止め面で支えます。
また、地面をコンクリートで覆うので、地面からの湿気を防ぎ、シロアリや害虫も侵入しにくくなります。
そして、布基礎に比べ不同沈下しにくく、地震時に地盤が変動しても家屋に重大な被害が生じにくくなります。基礎の施工面積が建物全面になり、基礎の剛性が高くなるため、大きな力が外部より働いても変形しにくく壊れにくい建物になります。

ロング基礎パッキン

土台がコンクリートに接すると、腐りやすくなりシロアリの餌食となります。基礎と土台の間にキソパッキンを設置 するだけで、床下の湿気を排出し、腐る原因をなくし、シロアリが生息しにくい床下環境をつくります。

構造

木造軸組工法

コンクリートの基礎に柱を立て、そこに梁を組み合わせてフレーム状の骨組みをつくり、壁や屋根などを取り付けて建築する方法です。柱と梁でつくられる枠の中に「筋交い」と呼ばれるX字状の建材を入れることで補強し、「耐力壁」を設けます。この耐力壁を適切に配置することで、高耐震・高耐久を実現することもできます。全体が柱と梁で構成されているため、壁を設ける箇所の選択の幅が広く、様々な間取りに対応できるのが最大の特徴です。 壁を抜いて部屋をつなげたり、壁を設けて部屋数を増やしたりするのにも適しているので、「家を住まい継ぐ」をコンセプトにしている弊社ではこの工法を採用しています。

断熱

高性能グラスウール

一般的なグラスウールと比べて細いガラス繊維を高い密度で絡み合わせた「高性能グラスウール」。繊維同士が作る細やかな空間にたくさんの空気を含ませることで、高い断熱性能を発揮します。ノン・ホルムアルデヒドで発がん性のリスクも認められておらず、とても安心な素材です。

屋根

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は鉄をベースにした合金の板の表面に特殊なめっきを施し、サビや腐食に強くした金属素材です。屋根材としては最も軽量で薄く、耐震性が非常に高いのが特徴です。

樹脂アングル窓

内装材と接する部分(アングル)に熱を伝えにくい樹脂を使用することで結露を抑制。
防露性能、断熱・遮熱性能、省エネ性能に優れた複層ガラス障子を標準としています。

外壁

サイディング

耐震性や耐火性、遮音性にすぐれたサイディングを採用。デザインやカラーバリエーションも豊富にある壁材です。

新築・リフォーム|新築:MAJISUMA clip

ページトップへ